金貸し お金を借りる際の注意点

お金を借りる際の注意点

お金を借りる際の注意点は、まず、基本的にお金は借りない方がいいということを覚えておくことです。借金は少額であってもある程度のストレスになります。借金以外の方法で解決できるなら、まずその方法で金銭上の問題を解決しましょう。外食やショッピングのお金を節約すれば、借金をしなくてもすむ場合もあります。

 

 

もし、どうしてもお金を借りる必要が生じたら、貸付金利の低い金融機関からの借り入れを検討しましょう。銀行や信用金庫、JAローンなどは金利が低いので返済負担を減らすことができます。消費者金融は即日融資も可能で審査も緩いので借り入れはしやすいのですが、金利が高いというデメリットがあります

 

また、消費者金融のATMを利用する場合は、手数料は無料ですが、提携先の金融機関屋コンビニのATMを利用する場合は手数料が掛かります。ですから、とりわけ審査に不安がなければ消費者金融以外からの借り入れが理想的です。

 

借り入れをすることになったら、必要最低限のお金だけを借りるようにします。少し多めに借りておこうと思うかもしれませんが、そうするとそれだけ利息が増えて返済負担が増えますので、必要最低限を借りるようにしてください。それから、借りたお金は返さなければなりませんが、約定日には必ず返済するようにします

 

返済が遅れると遅延損害金が発生して、余分な負担が増えます。また遅延を繰り返すと、信用情報機関に記録が一定期間残り、新たな借り入れができなくなります。逆に、返済をきちんとしていれば、返済に関し信頼できるということで、新たな借入の際の審査でも有利になります。

 

ですから、お金を借りるときは返済能力の範囲内で借りるようにします。各金融機関のサイトには返済シミュレーションができる機能があるので、利用してみてください。

 

また、お金を借りる時には、実績のある信頼できる金融機関を選ぶことも大切です。条件がいいからといって闇金に手を出すことは絶対にしないでください。