金貸し お金が返せなくなった場合

お金が返せなくなった場合

金融機関からお金を借りたものの返せなくなった場合はどうしたらいいでしょうか?たとえば、給料が減ってしまったとか、病気による退職、失業してしまったなどの理由で、継続して返済していくのが困難になる場合があります。

 

もし、住宅ローンが返済できなくなる可能性が高くなったら早めに、ローン会社と支払い相談をしてください。一時的な理由で返済が滞りそうな場合なら支払い延期の相談に乗ってくれます。もうひとつの方法は任意売却です。任意売却は、不動産会社と法律専門家がローン会社と交渉し、住宅を売却してローンを消滅させる方法です。

 

ローン会社が住宅を競売にかける場合は時間もかかり、普通に売れる価格より安い価格で売れてしまいますが、任意売却なら、回収額が多くなるので、ローン会社も競売よりは任意売却を選びます。そのほかには個人再生という方法があります。個人再生は裁判所の手続きを通して、住宅ローンの支払期間を延長したり、消費者金融の借金を減額するために行う方法です。

 

カードローンの返済ができなくなった場合は、 債務整理をすることができます。債務整理には、任意整理 、民事再生 、自己破産 の3つの手続があります。任意整理は債権者との交渉で行うものですが、個人では交渉が難しいので弁護士などに依頼することが多くなります。

 

任意整理では、借金の総額と毎月の返済額を減額でき,一部の借金だけ選んで整理することができます。

 

民事再生は、借金の返済困難であることを裁判所に認めてもらい,減額された借金を3年かけて分割で返済していく方法です。自己破産は支払不能であると認められる方で、過去7年以内に免責を受けたことがない方が利用できる手続きです。自己破産をすると原則としてすべての借金を支払う義務がなくなるので、借金に追われることなく,収入を生活費に充てることができます。

 

なお、債務整理を行った記録は一定期間信用情報機関に登録されますので、その期間の新たな借り入れはできなくなります