金貸し 自分にあったカードローン会社の見極め方

自分にあったカードローン会社の見極め方

カードローン会社を利用するにあたっては、自分にあった会社を探す必要があります。銀行や消費者金融では多くのカードローン商品が販売されていますが、一般に銀行のカードローンは審査が厳しくなっていますので、すでに借り入れ件数が4件以上ある場合は審査に通るのは難しくなります。また、銀行のカードローンの中には年収や勤続年数に制限があるものがあります。たとえば、りそなプレミアムカードローンは、前年の税込年収400万円以上で継続安定した収入のある方が申し込めます。パート・アルバイトの方も申し込めますが専業主婦、学生の方は利用できません。それでカードローン会社を選ぶ前にカードローンの申し込み条件をよく確認してください。

 

消費者金融は審査が比較的緩いので、借入件数が多い場合でも審査に通ることがあります。ただし、消費者金融は総量規制の対象になっているので、年収の3分の1を超える借り入れはできません。消費者金融の貸金業法に基づくおまとめローンは、総量規制対象外なので、年収の3分の1を超える借り入れの申し込みもできます。

 

専業主婦の方がカードローン会社を選ぶ場合は、選択肢が限られ、三菱東京UFJ銀行などの一部の銀行カードローンか消費者金融のレディースローンになります。限度額は30万円や50万円までと低く設定されます。銀行のカードローンは金利も低く、提出書類も少ないのでおすすめです。ただし、審査は厳しいので、審査に不安のある方は、消費者金融の方が借りやすいでしょう。その際には、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類が必要になります。

 

自分にあったカードローン会社を決めるには、年齢や勤務先、年収、勤務形態などの属性を考えてください。また、現在までの借入状況もポイントになります。ちなみに個人情報機関に債務整理や著しい延滞の記録が残っている場合は、どこの金融機関に申し込んでも審査にはほぼ通りません。そのような記録が消えた時点で申し込みをしてください。